2005年08月23日

お客様の声

本日はもののふへお寄せいただきました
お客様のお声を紹介させて頂きます。

◆Mさん(男性・東京都)

商品たしかに受け取りました。
ありがとうございます。
Tシャツの出来にもとても満足しています。

小さい頃から戦国好きでしたので
こんな服ないかなあと思っていた所でした。

新しい商品 武田信玄関係等 期待しております。
ぜひまた、よろしくお願いします。

◆Yさん(男性・北海道)

柄が凄く渋くてとても格好イイです。
また、お盆休みに着ましたが、着心地も良く快適でした。
生地がしっかりしているので、洗濯機で洗っても大丈夫ですね!
今後長く愛用させてもらいます。

◆Mさん(男性・杉並区)

着心地はすごくいい感じがします
ネックも伸びないし
本当にすごくお気に入りです。

◆Sさん(男性・山口県)

鳥居強右衛門勝商Tシャツ、ガンガン着ております。
タフでカッコイイということで、今一番のお気に入りです。

◆Iさん(男性・愛知県)

過去数枚購入させて頂きましたが、
既に色あせてきた物まであります。
それくらい着込んでおります。
しかし生地自体は頑丈で、十数回の洗濯にも、
ビクともしません。
少々高価ではありますが、費用対効果の面から
考えれば、非常にお得なもの・・・になります。
それに着ていてプライドが持てる事が重要です。

◆Nさん(男性・石川県)
とても気に入ったので、しょっちゅう着させてもらっています。
作りもしっかりしてるんで、長く使えそうでうれしいです。
でも、飾るだけの人もいるんですね・・・モッタイナイ・・・・・

◆Kさん(男性・神奈川県)
もののふTシャツ、購入の2着ともお気に入りで
着てますヨ。友人の評価も上々?です。

●Kさん(女性・福岡県)
品質・サイズについて≠ナご説明されているように生地も良く、
どこにもない独特のデザインがやはり格好良いですね!!
大変気に入りました(^^)
袖を通すのが楽しみな反面、着るのがもったいないような気もいたします(^_^;)
せっかくですので良い日に着初めしようと思っております。
新しい商品の発売、いつも楽しみにしております♪

●Kさん(女性・埼玉県)
※信長Tシャツ
本当に嬉しい限りです。
デザインだけじゃなく、作り手のお気持ちまで伝わって来るようです。
こうして信長公が現代にも息づき、蘇る事は、
ファンとしては何にも代えがたい喜びでございます。
大切に、家宝として有難く受け取らせて頂きます。

◆Tさん(男性・新潟県)

自分は戦国ファンでもありますが、それ以上にデザイナーさんのデザインに引かれてしまい買いました。
Tシャツは着用しています。戦国武将というキャラクターながら、デザインがモダンで着こなしやすいです。
一枚で着たり、カラーTを中に重ね着したり、その日の服装・気分に合わせてCDを楽しんでいます。
特に加藤清正のポップなイラストのTシャツはいいですね。
シャツの生地も丈夫かつ着心地がよく、着まわしが利いてよいです。

●Kさん(女性・埼玉県)
信長Tシャツは、18日にデビューを果たしました(*゜▽゜)/゜・:*【祝】*:
サイズも丁度良く、しっかりとした生地で、着心地も良く、
本当に、超満足です。

嬉しいご感想ありがとうございました!
もののふでは、皆様のご感想・ご意見をお待ちしております。

<A HREF="mailto:info@mononofu.net">info@mononofu.net</A>

戦国武将と変わり兜のデザインブランド
mixi発、mixi初ブランド <a href="http://www.mononofu.net/">もののふ</a>

 

 

posted by もののふ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

相互リンクありがとうございます。

最近立て続けに個人の方から相互リンクして
いただけまして喜んでいるもののふです。

もののふは戦国時代の中でも安土桃山時代に
こだわって商品開発を行っておりますが、
まだまだ不勉強でして、よく個人の方のサイトで
勉強させて頂いております。

歴史関係は特に個人運営のサイトに素晴らしい
思い入れのある方が多く、そのコンテンツも豊富で
ここまで調べますか!といったようなサイトを
見つけますと、我が事のように嬉しくなります。

もう一つのコンセプトである変わり兜に関しましても
資料が少ないうえに、海外への流出や認知度の低さから
いろいろと調べたいことがありましても、なかなか
むずかしいのですが、そういった時に個人の方のサイトで
資料が見つかったりと非常に有難いことがあります。

もののふサイトは販売を行っておりますが、
戦国時代に関係があってコダワリのあるサイトであれば
随時、相互リンクを募集しておりますので宜しくお願い致します。

もののふからお願いする事もありますが
その時はお手柔らかにお願い致します。

ありがとうございました。

もののふリンク一覧
http://www.mononofu.net/link.html

武田信玄Tシャツ販売開始しました!
http://www.mononofu.net/shop/t0014.html

mixi発、mixi初ブランド もののふ

http://www.mononofu.net/

posted by もののふ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

ワンダーTシャツフェスティバルVol.21

ワンダーTシャツフェスティバルVol.21まで、
あと一週間です。

今回も夏休み最後ということで
8/26(金)〜8/28(日)までの3日間開催されます。

ワンダーTシャツフェスティバルVol.19からもう3回目。

参加するようになってから、1ヶ月の過ぎるのが
非常に早く感じられるようになりました。

今回は前回出陣した新作4アイテム

黒田長政Tシャツ

鬼小島弥太郎Tシャツ

第六天魔王 信長Tシャツ

森蘭丸プラモデル Ver.kenTシャツ

に加えまして、最新作

真田幸村Tシャツ

と、ワンダーTシャツフェスティバルが
初お目見えになると思います。

武田信玄Tシャツ

が参陣する予定です。

武田信玄Tシャツは、私もまだ刷り上った
実物を見ていないので何ともコメントしようが
ないのですが、デザインはもののふ人気NO.1の
謙信・直江Tシャツの方に担当していただいた力作です。

ファイヤーパターンという現代風デザインの雰囲気を
持ちながら騎馬軍団の要所要所に赤備え部隊を配置し
武田の四菱家紋に風林火山の言葉と設定には細かいところまで
コダワリを持って製作いたしました。

是非、会場である三月兎さまにお越しいただき、手にとって見ていただきたいとおもいます。

キャップやバッヂも出品いたします。

Tシャツはイベント価格で3,800円と消費税は頂いておりません!
宜しくお願い致します!
posted by もののふ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

戦国BASARA

戦国時代を題材にしたゲームといえば
「信長の野望」「太閤立志伝」「戦国無双」などの
光栄(KOEI)さんのゲームが有名でもののふBlogでも取上げていますが、
本日はCAPCOM(カプコン)さんが販売している
その名も「戦国BASARA」というアクションゲームを取上げたいと思います。

戦国BASARA

BASARA(バサラ)と名乗るだけあって
登場人物の衣装・装備がスゴイです!

主役級の扱いをうけている伊達政宗
有名な弦月の兜を被っておりますが
刀を三本も指して、なかなかの伊達男ぶり。

本多忠勝は「戦国最強」ということで
全身を強固な鎧で覆った、まるでロボットのような恰好。
「いかなる武器をもっても傷つける事が出来ない」という
五十七戦無傷の伝説を体現するかのごとき装備。

その本多忠勝と唯一渡り合えるのが「鬼石曼子」こと島津義弘。
斬岩剣・青嵐という両手持ちの大剣を示現流をもって操るとの事。

織田信長は南蛮具足に赤い派手なマント。
片手に剣、もう片手にショットガンという
これでもか!といろいろな要素を詰め込んだ姿です。

もののふとしましては、ゲームを通して戦国時代に
親近感を抱いていただくのは嬉しいことですので
もっともっと破天荒な設定も見てみたいものです。

もののふでもゲーム監修などしてみたいですね
posted by もののふ at 21:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

アキバへ進出!【もののふ】

これまでネット販売以外はラブサミットや
デザインフェスタワンダーTシャツフェスティバルなどの
イベントでのみ販売を行ってきましたが
今回秋葉原の三月兎さんで店頭販売を行うことになりました。

もののふも秋葉原へ進出です!

秋葉原は現在駅前の再開発が進み
高層ビルが何棟か建設されておりまして
街の雰囲気が変わりつつあります。

これからどのような街並みになるのか
想像もつきませんが面白い街であることには
変わりはないと思います。

ぜひ一度秋葉原の三月兎さんへ足をお運び下さい。
Tシャツ以外にも面白いグッズがいっぱいです
posted by もののふ at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●もののふ新作Tシャツ4アイテム

ワンダーTシャツフェスティバルvol.20で
初登場しました新作Tシャツ4アイテムが
もののふサイトでの販売を始めました。

黒田長政

鬼小島弥太郎

第六天魔王 信長

森蘭丸 Ver.Ken


商品ページを作った途端
ご注文頂きましてありがとうございました!


また
本多平八郎忠勝
XS 2枚
S 1枚

森蘭丸プラモデル(旧Ver)
XS 3枚
S 2枚

と在庫が残り少なくなっておりますので
お買い求めのお早めにどうぞ!
これで販売終了となります。

byもののふ
posted by もののふ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ワンダーTシャツフェスティバル

ワンダーTシャツフェスティバル20

あと2週間でワンダーTシャツフェスティバルです。

もののふもほぼ新作を発注し終えました。

新作は
鬼小島弥太郎Tシャツ

森蘭丸プラモTシャツVer.Ken

黒田長政Tシャツ

織田信長Tシャツ

真田幸村Tシャツ

武田騎馬軍団Tシャツ

になります。
真田幸村Tシャツと武田騎馬軍団Tシャツは
間に合うかどうかわかりませんが、他の新作4アイテムは
確実に秋葉原の三月兎さん2階の会場に並ぶ予定です。

全てが自信作ですので、7/29-31の三日間是非会場まで
お越しいただき、もののふTシャツを見て頂ければと思います。

もののふ
posted by もののふ at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

Fashionate

"<a href="http://www.fashionate.jp/" target="_blank">Fashionate</a>"(ファッショネイト)―
それは若者の求める
クールでスタイリッシュなアイテム
(服、バッグ、アクセサリー.etc)
を提供するショップです。

レア物や人気沸騰アイテムを中心に揃え、
あなたのオリジナルのスタイルをサポートします。

あの<a href="http://www.zeel.co.jp/ozeki/" target="_blank">尾関茂雄</a>氏が率いる<a href="http://www.zeel.co.jp/" target="_blank">Zeel</a>を母体とした
メンズファッションサイトです。

4月より【<a href="http://www.mononofu.net/" target="_blank">もののふ</a>】も取り扱って頂いてます。

宜しければ他の商品とご一緒に!


 

posted by もののふ at 23:34| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【もののふ】について

【もののふ】について

もののふの由来は物部氏。
物部(もののべ)氏はニギハヤヒミコトを祖先とし、
天皇家よりも前に地上に存在していたと伝えられる氏族。
元々は兵器の管理を主に行なっていたが、自然と大伴氏とならぶ
武器を扱う氏族へと成長していった。

さぶらう侍(サムライ)ではありません。己の意志で生きていくのです。
もののふとは、己の才覚・腕だけを信じて生きて行く武装貴族。
相手が主君であろうと、いざとなれば一戦も辞さないのが、
真の武士(もののふ)なのです。

【変わり兜と甲冑】について

戦国時代末期、政治的には下剋上の時代。
経済的には人類史上稀に見るゴールドラッシュ。
軍事的には銃器の所有量が日本以外の世界の所有量を遥かに超える。
文化的にはそれまでの伝統を断ち切るがごとく、
自由闊達で豪華絢爛な安土桃山文化が花開いた。

信長・謙信・信玄・秀吉・家康
古今無双の戦国武将達が覇を競い合った時代。
そんな時代に現れた【変わり兜】
一体どうしてこんなことを意匠に思いつくのだろう?

神仏・信仰・動物・鳥・昆虫・魚・貝
梵鐘・木魚・宝塔・五輪塔・盃・巾着・頭巾・烏帽子・・

刹那的な生き方をする武士(もののふ)の美意識と信仰。
私はその多様性とともに、合戦場での自己存在の主張を目的とした
【変わり兜】の美しさに感動しました。
この素晴らしい日本独自の文化をもっと皆様に知って欲しいと思い日々活動しております。

【戦国武将】について

我々が知っている武士道とは、
いわゆる佐賀鍋島藩の葉隠か新渡戸稲造の武士道を指すのではないかと思うのですが
群雄割拠の戦国時代ではそのような画一的なものではなく、
それぞれの武士(もののふ)が確固たる己の信念をもって生き抜いた時代だったと思います。

下が上に剋った北条早雲・斎藤道三。
お互い相手がいなければ天下を取れた宿命のライバル上杉謙信と武田信玄。
死ぬまで反逆を貫いた松永久秀。千年に一人の天才戦略家織田信長。
人身掌握の天下人豊臣秀吉。 人類史上稀に見る長期政権を築いた徳川家康。
それらを支えた綺羅星の如き武将達。

そんなもののふ達の生き方に共感を覚え、SNSであるmixiから
戦国武将と変わり兜や甲冑をモチーフとしたデザインブランドを創りました。


【もののふが目指すもの】

もののふが目指すのは伝統文化の新しい表現。
変わり兜はその時代の各分野の一流の職人が生み出した芸術品。
現代人の想像を超えた色彩感覚とアバンギャルドな造形が
その時代の文化水準の高さを表しています。
しかし残念ながらそういった日本固有の文化の存在を多くの日本人は知りません。
他国の文化を否定するわけではありません、
自国の文化を知らないことは大いなる次世代への損失です。
日本の文化は決して外国人だけがお土産で楽しむものではなく、
日本人が守り育てていくものなのです。

そして戦国時代は決して男の世界だけではありません。
いつの時代も女性なしでは世の中うまくいかないのは自明の理。
あの信長も秀吉も家康もみな女性の力を借りて天下取りを目指しました。
もののふとは精神。男女の区別はありません。
古くは山吹・葵・巴御前、戦国時代では鶴姫・甲斐姫・小松姫と
歴史上に名を残す武士(もののふ)らしい女性も存在します。

変わり兜と甲冑(鎧)が好きな人、歴史小説が好きな人、大河ドラマが好きな人、
信長の野望が好きな人、戦国無双が好きな人、Tシャツが好きな人、歴史に関する漫画、
イラスト、映画、ゲームが好きな人、KOEI(光栄)のゲームにはまった人、
ラストサムライは兜が気に入った人、ファッションに取り入れたい人。

もののふはあらゆるプロダクトや媒体への応用可能なブランドを目指し、
コダワリのある人と一緒に成長していくブランドです。

<a href="http://www.mononofu.net/" target="_blank">戦国武将と変わり兜のデザインブランド</a>

by <a href="http://www.mononofu.net/" target="_blank">もののふ</a>

 

posted by もののふ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。